上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。 別府本社 Aです。
 
フランス食堂 「Bistrot de Pays」 プロジェクト大詰めとなりました。

9月22日(火)大安吉日 OPEN! 工事は粛々と進み先日完工しまして、実は昨日、オープン前のレセプションに工事関係者一同お招きいただきました。


左官の首藤親方が内壁の漆喰仕上げを施工 いい柄に仕上がってきました。

左官さんのお仕事1


内部のベンチシートの下地です。 下部は、引き出し収納です。


左官さんのお仕事2


トイレの手洗いも感じよく納まりました。
奥で平野さんがトイレ設備の取付け中です。


トイレ手洗い2


外壁も首藤親方が意匠性のある外壁仕上げを奮闘中。


左官さん外壁


とおるくんは、ドアの塗装仕上げを頑張っていますが、オーナーの意向でバスクカラーでエイジング風の仕上げを望まれています。
職人さんは、きれいに仕上たいのですが、ダメージのある仕上げとなると、どこで仕上がるのか職人さんは、どまどいがあります。


塗装屋さんのお仕事


看板も出来ました。 いい木目が出ています。

IMG_0044.jpg


オーナー様の告知です。  ご予約は TEL0977-67-1552


IMG_0042.jpg


玄関アプローチは、4色のタイルがいいアクセントになりました。

IMG_0045.jpg

 
かわいく、やさしい感じのお店が完成いたしましたので、皆様是非、ご予約を・・・。

次回は、全体的に完成披露をさせていただきます。








スポンサーサイト
こんにちは。 忙しすぎてブログがとどこおっておりましたが、フランス食堂 「Bistrot de Pays」は、日々進捗しています。

内部は、大工さんの工事は、もうすぐ完了ですが、大工さんは、最後の最後まで何かと出てきます。

内部下地


左官さんに外壁の下地をモルタルで塗ってもらいました。


外部モルタル下地


すごい顔になっていますが、塗装職人のとおる君は、寡黙で本当は男前です。 木製の材料が多いので、塗装のボリュームも結構有るので、とおる君も険しい顔になっているのかも・・・。


塗装屋さん


建具も木製で製作してもらいました。 榮建の業者会の会長を長くしてもらった、別名「からあげ木工」のナベさんが、親子で作ってくれました。 


建具屋さん


フランス食堂 「Bistrot de Pays」 いよいよオープン日程が、本決まりしました。 この前、9月20日オープンと発表しましたが、誤報でした。 この日は、レセプションで、私、皆様より一足先に、フランス料理を実食して参ります。 
9月22日(火) グランドOPEN 
です。 皆様、ご予約は、お早めに!!

こんにちは、別府本社リフォーム部のAです。
最近、天候がすぐれず、気分までどんよりしてしまいますが、仕事は、気分でするものではありません。

月末、月初であわただしく1週間ほど、更新しませんでしたが、現場は、確実に進んでおります。

木製建具


入口外部に面する建具は、全て木製です。 別府本社のエース 兒玉棟梁が魂を込めて造りました。

右下に写っているのが、エース兒玉棟梁です。

外部下地1

内部から見た感じは、この感じですが、廻りが仕上がって、色が入ってくるのが楽しみです。

内部から


外部から見るとこんな感じです。 やっぱり、木製建具って感じがいい。


外部下地2


フランス食堂 「Bistrot de  Pays」 OPEN日程が仮決まりました。

今のところ、9月20日(日曜日)グランドオープン!!の予定です。

お楽しみに・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。