上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  こんにちは、別府本店Aです。

別府市内では、台風の被害は、あまりなかったようですね。
弊社にも、台風による修繕の問合せを数件いただいておりますが、大事の問合せは無い様でした。

大分市内や県南は、被害が多いように聞きましたが、皆様大丈夫でしょうか。 

  ご存知無い方もいらっしゃるので、お知らせしておきますが、台風で何か建物や付属する物に漏水や
被害があった場合、火災保険や火災共済等で保険の対象になったり、お見舞い金が給付される場合が
ありますので、加入している保険や共済の契約約款等を調べて、確認してみて下さい。

予定外の出費は、誰しも嫌なものです、かと言って、修理・修繕は、必要不可欠です。
せっかくですから、いただける物は、いただきましょう。


さて、本日より表題を変えました。
フランス料理レストラン から フランス食堂 「Bistrot de Pays」 プロジェクト に変えます。

プロジェクト進捗状況です。

厨房土間モルタル下地 
 
土間モルタル下地、完成です。 厨房も若干、見えてきました。


カウンター廻り下地

カウンター廻りです。 カウンターには、3名様の着席を予定しています。
たぶん、私の席は、ここになると思う。

結構、分厚いカウンター材が手に入りました。 材木屋さんで10数年、眠っていた木材を入れてもらいましたので
存在感のあるカウンター席となりそうです。


フランス食堂 「Bistrot de pays」 オープンお楽しみに ・・・






スポンサーサイト
 こんにちは、別府本社Aです。

台風15号の接近で、昨日は、稼動している現場の養生でたいへんでした。
朝方、風がかなり強かったようですが、皆様のお宅は、被害はありませんか?

何かあれば、弊社 榮建リフォーム・システムまでご連絡下さいませ。

さて、フランス料理レストラン 「Bistrot de Pays」 プロジェクト4回目です。

店舗 床下地2


店舗 床下地1

店舗内の床下地は、乾式で床束とパーチ材で床上げをしております。


店舗 天井仕上

店舗内の天井仕上げは、天然素材の杉板張りです。
 
内装の仕上りとしては、壁面を漆喰仕上げを予定していますので、天井の杉板との相性も楽しみです。


                                  
フランス料理レストランというと、個人的には、敷居が高くフォーマルなイメージがありましたが、

オーナー様の描いている お店のコンセプトは、

                「鉄輪温泉の近く、
           
               大分県産の食材、

              手作りお菓子、

                 ちょっとワインも ・・・」


 特に大分県産の野菜をたっぷり使ったボリュームのあるお料理を提供する 「フランス食堂」

ということで、コース料理もあるけれど、2皿くらいで、お腹いっぱいになるようなお料理を提供したいとおっしゃってました。



食に対して、人一倍欲深い私にとっては、とてもありがたいお店になりそうです。

フランス食堂 「Bistrot de pays」 オープンお楽しみに ・・・

 別府本店リフォーム部のAです。
フランス料理レストラン 「Bistrot de Pays」 プロジェクト3回目です。

今回は、設備屋さんのお仕事です。


排水配管 ころがし


給水配管 ポリ


厨房内土間はつり


厨房内 グリストラップ敷設

給排水の工事は、出来上がると隠れてしまう所が多いので、工事としてはキモの部分となります。
細かいことを言わなくても、図面を見るだけで的確な判断で、配管をしてくれます。 

職人さんは、出来上がりのイメージをいかに早く、掴む事が出来るかが、勝負のように思います。

経験値から、勝手に判断することも、たまにありますが、どの職方さんも、こちらのイメージする通りの
仕上りを目指して、隠れてしまう部分であっても、仕上りや使用に影響が出ない様な仕事をしてくれています。

「bistrot de pays」 お楽しみに・・・。




 こんにちは、別府本店リフォーム部のAです。
フランス料理レストラン 「Bistrot de pays」 プロジェクト2回目です。

解体工事3

解体工事2

解体工事は、住宅ではないので、思い切って出来ます。 お住まいの家をリフォームする時は、これほど大胆には、なかなか
出来ません。 こまめに解体してこまめに片付けることが必須となります。

今回、解体工事には、解体や産廃で協力してもらっている会社の溝口君と、当社大工のエース兒玉君が担当しました。
エース兒玉君は、解体後の木工事を担当しますので、仕事のすり合わせが出来易い様に、解体工事から入ってもらいました。

解体がある程度、完了したので木軸の間仕切りを作って行きます。
木軸組1

設備工事担当の平野設備さんにも入ってもらい、給排水の荒配管も同時に施工してもらっています。

木軸組2
 
出来上がりのイメージを共有する為に、完成予想のパースを図面や仕上表と共に壁に貼っています。

木軸組3

外観は、ここまで解体しましたので、前の店舗の面影は、ほぼ無くなってしまいました。
私の中では、出来上がりがしっかり見えてますが、施工中現場の進捗を完成まで、楽しんで下さい。



別府本店リフォーム部のAです。

本日から、今まで何となく手付かずになっていたブログを 現場紹介ブログとしてリニューアルスタートします。
私達、榮建スタッフの日常がばれてしまいますが、日々、更新出来るか自信は、有りませんが、頑張ってみます!

まずは、私の現場で、九州横断道路沿いの店舗工事の進捗状況を工事完工までご紹介していきます。

着工前


 九州横断道路沿いの保健所の道路向かい、ピザカリフォルニアさんが1階南側で営業されているビルの1階北側のお店を
リニューアルして、フランス料理のレストラン Bistrot de pays として生まれ変わります。 
居心地の良いお店を目指して完成まで頑張って行こうと思いますので、OPENをお楽しみに・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。